かぐや姫の物語の予告が怖い?あらすじと公開日!主題歌や声優は?


かぐや姫の物語
宮崎駿監督の映画「風立ちぬ」と同時公開されるはずだった同じくジブリ映画の「かぐや姫の物語」。

待ちに待った公開日が決定し、
予告動画が早くも話題になっているそうです。

気になる映画のあらすじや主題歌などを調べてみました。

 

公開日は?

風立ちぬ かぐや姫の物語

「かぐや姫の物語」は「竹取物語」を原作とした物語で
高畑勲監督による14年ぶりの作品です。

もともとは「風立ちぬ」とともに
7月に公開される予定でしたが、

今年の2月の時点で
絵コンテがまだ完成していないなどの制作の遅れの為、延期。

「風立ちぬ」の上映前の予告で
今年の11月23日に公開決定と正式に発表されました。

 

かぐや姫の物語の予告が怖い?

楽しみにされている方が多い中、
予告編で流れたほんのわずかの映像に
予告が怖い」と話題になっているみたいですね。

 

気になる怖い場面とは…?

その予告は現在は映画館でしか見ることが出来ないのですが、
かぐや姫が泣きながらひたすら月に向かって走るシーンで
声が一切なく絵柄も筆の線を使った激しい描写だったらしいです。

 

その場面がこちら↓
かぐや姫の物語

かぐや姫の物語

早くもネットでは
予告が流れたと同時に映画館の空気が変わった」や
何もわからないけど
人間ってこんなにまっすぐに走れるんだと思ったら泣けてきた
というあまりにも圧倒的な描写に驚きの声が殺到。

キャッチコピーも「姫の犯した罪と罰」という
童話らしくない刺激的なものになっており、
どんな展開なのか期待が膨らみます。

 

ちなみに、通常の予告編はこちら↓

 

あらすじは?

竹取物語

小さい頃多くの方が読んだことのある
竹取物語」のあらすじですが

あ~月に帰っちゃった」で終わったので
詳しい内容は忘れかけていますよね。

 

「竹取物語」のあらすじを簡単に説明すると…

おじいさんが竹の中から女の子の赤ちゃんを拾い
かぐや姫」と名付けられた女の子は三ヶ月ほどで成長し
あまりの美しさに求婚者が続出。

特に熱心だった5人の貴公子にかぐや姫から
それぞれに違う珍宝を手に入れる事を要求するも
誰一人クリアする事ができずに脱落。

ここで少し怖いのが
男性たちの失敗にかぐや姫は喜んでいたらしいので
現代でいう「悪女」的女性なのでしょう。

その後も帝に求婚され、かぐや姫も惹かれあう仲になった頃、
天上界からお迎えがきて月に帰らなければいけない事になり、

帝は多くの軍を連れて阻止しようとしますが
あっけなくかぐや姫は連れ去られます。

かぐや姫は帝に不老長寿の薬を置いていきましたが、
帝は飲まずに駿河の山で焼かせ
後にその山は「ふじの山」と呼ばれるようになったというお話です。

もちろん育ててくれた
おじいさん、おばあさんも悲しみにくれ病の床についてしまうので、

今思いかえしてみても何とも悲しい結末ですね。

 

誰一人幸せになった人がいない「竹取物語」ですが、

映画では
かぐや姫はなぜ地球を選び、
なぜ月へ去らねばならなかったのか?
そしてかぐや姫が犯した罪や罰は何なのか?
を描き出すということでよく考えれば気になるところでもあります。

気品あるかぐや姫が流罪になる理由として
異性への不道徳」が原因ではないかと言われているみたいですが、
その真実は映画を観ることでわかるでしょう。

 

主題歌や声優は?

なんだかすごい話しになりそう」と公開前から噂される
「かぐや姫の物語」の気になる
主題歌や声優は決まっているのでしょうか?

 

映画の物語を盛り上げる主題歌は
いのちの記憶」という曲に決まり、

現役僧侶の肩書も持っている広島県在住の
シンガーソングライター・二階堂和美さんが歌っています。

二階堂和美

映画の主題歌を担当することになった二階堂さんは、
かぐや姫の心境をあらわすかのような言葉でつづられた歌詞を考え、
透明感のある声で歌いあげているそうですよ。

 

登場人物のイメージを左右する声優ですが
こちらはまだ決まっていないという事で、

ネットでは
声優が公開されていないのが超不安」や
まさか無声映画?」と独特な世界観が予想される映画だけに、
声優に対しても気になっている方がちらほら。

 

予告だけで1800円の価値があったと言われるぐらい
注目の「かぐや姫の物語」。

小さい頃に読んだ童話の謎が明かされる日がくるまで
カウントダウンはもう始まっていますね。

是非劇場へ足を運んでみてはいかかですか?

Sponsored Link

この記事はいかがでしたか?

最後まで読んでくれてありがとうございます!
もしよければ、ツイッターやフェイスブックのどれかでこの記事を広めていただけるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします!

関連記事一覧

コメントを残す