ハリー杉山は金持ちイングランド王?本名や身長は?彼女はイマル?


ハリー杉山
ハリーポッター祭りの専属ナビゲーターを務め、
先日放送された「さんま&くりぃむの第15回芸能界(秘)個人情報個人GP」でも
体力があることをアピールしたモデルでタレントのハリー杉山さん。

童顔でイケメンのハリー杉山さんの彼女や
気になる噂をについて調べてみました。

 

本名や身長は?

名前だけみると芸人のような名前のハリー杉山さん。

ネットでも
ハリーのものまねをする芸人さんかと思ってた」と
勘違いされていたようですが、

実はユニクロやリーバイスの広告、
ルイ・ヴィトンやエルメスなどの
ファッションショーに出演されたことのあるモデルさんだったんですね。

 

ハリー杉山さんのプロフィールは

ハリー杉山(ハリーすぎやま)
ハリー杉山

本名:ヘンリーアドリアンフォリオットスコットストークス
生年月日:1985年1月20日
年齢:28歳
出身地:東京
血液型:A型
身長:184センチ
趣味:音楽鑑賞(ビートルズ/オアシス/吉井和哉)

 

ハリー杉山さんはイギリス人の父親と日本人の母親の間に生まれたハーフです。

本名はとても長くプロのアナウンサーでも噛みそうな名前ですね。

身長もモデルさんらしく184センと高く、
年齢も28歳ですがとても童顔で30歳前には見えません。

ネットでも
28歳なの?10代かと思ってた」と
驚きの声があるぐらい本当に若く見えます。

 

ハリー杉山は金持ちイングランド王?

体力もありイケメンで童顔の
良いところばかりのハリー杉山さんですが、
さらにお金持ち?という噂があるそうですよ。

 

ハリー杉山さんのお父さんはジャーナリストで
過去にザ・タイムズやニューヨーク・タイムズの東京支局長を務めてきた人物。
名前はヘンリー=スコット・ストークスさんといいます。

ハリー杉山 父

第5代イングランド王でトランプのキングでのモデルである
エドワード1世の直系という上流家庭らしいですよ。

あまり歴史に詳しくない方でも
あのトランプのキングのモデルになった人と
考えればわかりやすいですよね。

 

しかも、ハリー杉山さんが
イギリスに留学していた時に通っていたのが
ウィンテスターカレッジ

ウィリアム王子

イギリスのウィリアム王子などの皇族が通うレベルらしく
卒業生に首相や官僚も多いエリート学校だとか。

最低でも一年で
2万ポンド(約280万円以上)の学費が必要みたいですね。

家族の伝統ではオックスフォード大学
ケンブリッジ大学へ進学するらしいのですが、

ハリー杉山さんは200年の歴史の中、
初めて落ちてロンドン大学へ。
ある意味歴史を変えた人物でしょう。

 

ロンドン大学では中国語の教育に力を入れているようで
ハリー杉山さんも中国語を専攻し
北京師範大学へ一年間留学経験があります。

北京師範大学も大学の中でも比較的学費が高く、
生活費を含めると一年間で200万から300万ほど必要になると思うので、

ハリー杉山さんは貴族の血筋を引いた
お金持ちである事は間違いなさそうですね。

 

彼女はイマル?

英語、中国語、日本語などそれ以外にも
全部で6ヶ国語を話せるというハリー杉山さん。

名門校に通っていただけに小さい頃から勉強ができていたそうです。

スポーツも勉強も万能なハリー杉山さんが
明石家さんまさんと大竹しのぶさんの長女である

IMALUさんとの熱愛の噂されているみたいなのですが
真相はどうなのでしょうか?

ハリー杉山 イマル

冒頭でお伝えしたバラエティ番組で
ハリー杉山さんのガリ勉姿が披露された時に

IMALUと大竹しのぶさんの知り合いだって?
と司会のさんまさんが意外な一言を発言。

ハリー杉山さんはIMALUさんがカナダに留学していた頃から
メールのやり取りをしており10年以上の付き合いだとか。

母親の大竹しのぶさんにも英語を教えているそうなので、
とても親しい関係のようですね。

番組放送前にIMALUさんはさんまさんに
ハリー杉山さんにちゃんとふってあげてね。
とお願いメールも送ったそうですよ。

 

ただこれだけでハリー杉山さんの彼女が
IMALUさんだとは言い切れず、
本当に仲の良い友達関係だけなのかもしれないですね。

ハリー杉山 佐々木希 SHELLY

他にも佐々木希さんやSHELLYさんと噂があるそうですが
どちらも否定しており、今のところ彼女がいるという情報はなさそうです。

 

ツイッターでも
ハリー杉山さんはすごい子だったんだ」や
イケメンで勉強できて貴族なんて完璧。結婚して!」と
早くもその姿や活躍を褒める声が多かったハリー杉山さん。

今後はもっと
バラエティ番組への露出も増えていきそうで、とても楽しみです。

Sponsored Link

この記事はいかがでしたか?

最後まで読んでくれてありがとうございます!
もしよければ、ツイッターやフェイスブックのどれかでこの記事を広めていただけるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします!

関連記事一覧

コメントを残す