ピカルの定理の打ち切り理由は?視聴率が原因?後番組について!


ピカルの定理
フジテレビの人気バラエティ番組「ピカルの定理」が
9月4日で最終回を迎えることが決定しました。

放送当初は深夜の放送枠で
時間も25分と短かったものの、

徐々に人気が高まり、2013年4月から
ゴールデンタイムに突入し1時間枠に拡大。

それから5ヶ月という短い期間で最終回を迎えることになった
「ピカルの定理」について打ち切り理由や後番組について調べてみました。

 

打ち切り理由は?視聴率が原因?

ピカルの定理

深夜枠からゴールデンタイムへ突入し時間も拡大して放送。

まさにこれからという時に打ち切り決定という事実に、
出演者メンバーやファンの方もショックをかくせないのではないでしょうか?

そもそも、打ち切りの理由は何だったのでしょう。

 

大きな原因は何といっても
視聴率の低下と言われているようですね。

ゴールデン放送開始日より視聴率が10%を切っているらしく、
早くも7月には打ち切り終了が内定したとも
一部週刊誌などで報じられていました。

 

詳しい視聴率は…

4/10⇒6.6%(スペシャル)
4/24⇒7.9%
5/1⇒7.7%
5/8⇒9.4%
5/15⇒8.3%
5/22⇒9.4%
6/5⇒8.4%(スペシャル)
6/12⇒8.2%
6/19⇒7.9%

ネットでは
普通は打ち切られている数字なのに
ゴールデン枠で放送できるのは吉本興業の力としか言いようがない」や

深夜の頃からつまらなかったのにゴールデン進出ってどうかと思った」など
今年の放送時間が変わった事に関しても疑問の声が多いみたいですね。

どういう番組だったの?」と
番組自体に興味がない方もちらほら。

 

ここで番組内容を簡単に説明すると、
出演者はお笑い芸人の渡辺直美さんやピース

ピカルの定理

平成ノブシコブシなど若手芸人がコントを繰り広げる内容になっており、
最近では千鳥さんも新しいメンバーとして出演されていました。

どちらかというと学生からの人気が高く
深夜枠ではそれなりに好評だったようですが、

大人にはあまり良い影響がなかったみたいで
学生以外は見ていないのでは?という悲しい情報も。

 

残念な結果で
最終回を迎えることになった「ピカルの定理」ですが
コントで登場するキャラクターを惜しむ声もあるらしく

渡辺直美の白鳥美麗が見れなくなるのが寂しい」や
総理が宇宙人のコントは笑ったよ」という意見もあり

白鳥美麗

少なからずも視聴者ファンにとっては打ち切りは寂しいようですね。

 

最近のフジテレビは「アゲるテレビ」の半年の打ち切りなど
即断で終了させる傾向があり一部では

打ち切りを決定するのはまだ少し早かったのではないか
という声もあるそうです。

出演メンバーからは
泣いてくれてありがとう!!頑張ってきて良かった
これからなのにもったいないの一言です。
でも友達がたくさんできたから良かった。」と

打ち切りは残念だけど前向きなコメントが寄せられていたので、
今後スペシャル番組として
ピカルメンバーが再集結することもあるかもしれませんね。

 

後番組について

「ピカルの定理」が視聴率が原因で
打ち切り決定になったわけですが、
この後番組は何が放送されるのか気になりますよね。

この放送枠のバラエティとして
ピカルの定理」の前は「はねるのトびら」だったので
後番組もお笑い系では?という意見が多くあまり期待されていない様子。

はねるのトビラ ピカルの定理

ネットでも
お笑い番組で面白いのはさんま御殿とイッテQだけかも
誰かメインの芸人が仕切らないと視聴率はとれないかも」と
番組の企画について厳しいコメントがあるみたいですね。

 

そんな中、後番組として
雨上がり決死隊がMCを務める
世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?」に決まったとの情報が!

世界行ってみたらホントはこんなトコだった

ホームページにも9月11日(水)より放送開始と紹介されていますね。

 

こちらの番組では2人のディレクターが一つの国や地域に
それぞれ2週間ずつ滞在し、その国・地域のイメージ通りの部分や
まったく意外な姿が次々と飛び出すという

まさに「行った気になれる」番組という内容で
再放送されるほど人気番組だったようですね。

雨上がり決死隊が番組を仕切り
ゲストのタレントさんや芸人さんがコメントをするという
ネットの声の通りの番組になりそうです。

 

ドラマでも視聴率が低迷していると噂されるフジテレビですが、
後番組はその汚名をはがすにふさわしく
ディレクターが体を張って取材に力を入れるみたいですね。

最終回の「ピカルの定理」を見逃さず、
そして新しい後番組にも期待してみましょう!

Sponsored Link

この記事はいかがでしたか?

最後まで読んでくれてありがとうございます!
もしよければ、ツイッターやフェイスブックのどれかでこの記事を広めていただけるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします!

関連記事一覧

コメントを残す