USJ ATARUの待ち時間や感想は?答えやヒントをネタバレ!


USJ ATARU
大ヒットドラマ「ATARU」の映画化を記念し、
USJが期間限定コラボレーションイベントを開催。

2013年9月14日公開の
「劇場版 ATARU‐THE FIRST LOVE&THE LAST KILL‐」
をテーマに作られたUSJ初の体感型謎解きエンターテイメントです。

「ANOTHER MISSON‐マドカからの挑戦状‐」について
感想や答えなどを調べてみました。

 

待ち時間は?

ATARU

ATARUの謎解きアトラクションは犯人のマドカが仕掛けた
コンピューターウィルス「WIZARD」によって

USJに時限爆弾が仕掛けられ、それを阻止するため
パーク内に隠された暗号を探し出し、
謎を解いていくという設定になっているそうです。

人気アトラクションがオープンすると
さっそく行ってみたい気がしますが、
ネックなのは待ち時間ですよね。

ATARUの謎解きアトラクションも
8月1日から9月30日までの期間限定とあって
行列ができていると思うのですが、

実際にどのくらいの待ち時間なのかネットで調べてみると…

 

午前中がスタート編、午後が謎解き編になっており、
2日目の8月2日では初回9:45の5分前でも入れましたよ」や

待ち時間はほとんどないです、少しはありますが」と書き込みがあったので、
何時間も待たされるということはなさそうですね。

しかし午後の解決編の召集時間が12:45らしいので
水パレ(ウォーターパレード)のショーと時間が重なるのが困る
という意見もありどっちをとるかで悩みますね。

 

感想は?

ATARU

実際に体感した方の感想はというと…

 

謎解きそっちのけでATARUグッズを見ていた
堀北真希ちゃんの声がかわいくって本当に出てきそうだった」などと
謎解きよりも他のことに興味深々の方が多いみたいです。

 

注意点としては、
スタート編と解決編と2部構成になっているため、
12時半までに行かないとATARUのアトラクションは体感できないらしく、

初日の案内には9時~16時までと書いてあったため
午後から行った方はかなり不満たらたらだったとか。

入れる人数は240名らしく、
乗り物に乗ったりするアトラクションではないので
一度にかなりの人数が入れるそうです。

これなら待ち時間が少ないのも納得できそうな気がするので、
時間を有効的に使って楽しみたいですね。

 

答えやヒントをネタバレ!?

USJ ATARU

参加型のアトラクションATARUですが、
謎解きといっても難しそうで
つい答えを誰かに聞いてしまいそうですよね。

USJのクルーの方に聞いている人もいるようですが、
詳細はクルーの方にも知らされておらず
自分たちで謎を解いていくしかなさそうです。

解除コードの答えについての情報は見当たらないようですが、
それが書かれてある位置について、
詳しいヒントがあったのでご参考までに。

 

犯人(マドカ)からの暗号の読み方

1行目 解除コードがある、大まかなエリア
2行目 エリア内の詳細位置
3行目 解除コードの前半が記載
4行目 解除コードの後半、4ケタの数字でその意味が暗号になっている

 

ハリウッド・エリア編「21.5」

上の方を見ながらハリウッド・エリア内を歩いていくと
大きく21や22と書かれている建物があり
21.5はその間を意味するのでその近くをじっくり見ながら歩いてみる。

 

ダミーと思われるコードの位置

・いつでもウッドペッカーがいる場所の道路上
・ハリウッドを一望できるアトラクションに関係しているショーウィンドウ
・立体映像が見られる場所に施されたペイント
・ゲームコーナー前に立つバーキングメーター

 

ニューヨークエリア編「スイフ」

港町を再現した建物に手がかりの言葉を英語に訳した看板が
上の方にあるのでその建物の近くをじっくり探してみる。

 

ダミーと思われるコードの位置

・コンピューターの反乱をテーマにしたアトラクションの近くのショーウィンドウ
・港町に近い薬局近くのショーウィンドウ
・「ATARU」に関係する赤い車
・レストラン・バーの前にある縁石

 

ダミーもあるようなので、惑わされそうですね。

でもじっくり落ち着いて探していけば
暗号が見つけることができるかもしれないので、
チャレンジしてみるのもいいかもしれません。

 

他にも
謎解きそっちのけでATARUのホットドックを買いに並んだら
WIZARDの文字が!これなの?」と偶然見つけたラッキーな方も。

映画で使われた衣装なども展示されてあるそうなので、
この機会にどっぷりとATARUの世界にはまってみるのもお勧めですよ。

Sponsored Link

この記事はいかがでしたか?

最後まで読んでくれてありがとうございます!
もしよければ、ツイッターやフェイスブックのどれかでこの記事を広めていただけるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします!

関連記事一覧

コメントを残す