あさきゆめみしがドラマに!意味や内容とは?キャストについて!


前田敦子 あさきゆめみし~八百屋お七異聞
源氏物語をマンガ化した
大和和紀さんの作品「あさきゆめみし」。

今回八百屋お七が原作となった物語
「あさきゆめみし~八百屋お七異聞」がNHK時代劇として
9月からスタートするそうです。

気になる新ドラマのキャストや内容についてまとめてみました。

 

あさきゆめみしがドラマに!意味や内容とは?

あさきゆめみし

テレビアニメ化にもされた「あさきゆめみし」。
ドラマでは江戸時代に八百屋お七と呼ばれた少女に焦点をあて、
マンガ作品とは違う内容になるそうです。

 

内容としては

裕福な青果店「八百源」の娘として生まれたお七。

ある日火事で家を焼かれた一家は
お寺に避難することになります。

そして、そこで知り合った寺小姓の吉三と恋仲になります。
やがて家が再建され寺をあとにしますが、
お七は吉三のことが忘れられません。

父親の喜兵衛が働き手の勘蔵を婿にしようとしますが、
お七はどうしてもうんとは言わず…。

吉三への思いが募るばかりのお七は、
家が燃えれば再び吉三と暮らすことができると考え、

自ら火をつけてしまい、放火の罪に問われてしまうという
ちょっと悲しいストーリーになりそうですね。

 

罪に問われたお七は火あぶりという判決が下され、
命で罪を償うことになったのですが

今回ドラマ化されるにあたって脚本のジェームズ三木さんが
実は八百屋お七は冤罪だった」という設定で
純愛を貫くせつないお七を描くそうです。

原作とはまた違った恋愛物語になりそうで、期待大ですね。

 

そして「あさきゆめみし」の意味についてですが、
訳すと「浅い夢を見た」となるそうで、いろは歌の一節だそうです。

結ばれることを夢見た二人ですが願いは叶わず、
はかなく浅い夢としてこのタイトルになったのかもしれませんね。

 

キャストについて!

大河ドラマ以外の時代劇連続ドラマとあって
気になるのはキャストですが、

 

主人公のお七役には元AKB48のあっちゃんこと
前田敦子さんに決まったそうです。

前田敦子 あさきゆめみし

AKB48卒業以来、女優として映画やドラマに活躍されていますが、
NHKの連ドラ初主演ということで
ネットでも盛り上がっているみたいですね。

ファンからは
NHK連続ドラマきたー」や
熱烈オファーってことは女優として認められつつあるってことだね」と
前田さんの初主演に喜ぶ声が大多数。

制作統括である小松昌代さんからは
一途なお七にはまっすぐな強い瞳を持つ前田敦子さんが
真っ先に浮かびました」とコメントを寄せているそうなので、

愛を知ったお七が女性として
どのように変化していくのかも見どころのようですよ。

 

他にもお七と恋中になる
寺小姓の吉三役には池松壮亮さん、

池松壮亮

 

父親が勧める婿の勘蔵役に平岡祐太さん、

平岡祐太

 

お七の両親には中村雅俊さんと
竹下景子さんに決まり超豪華な顔ぶれ。

中村雅俊 竹下景子

 

主役に大抜擢となった前田さんですが
お七は自分の気持ちに素直に生きている女の子なので
その一途な思いを表現できたらいいと思う」とコメントしており、

恋愛禁止だったAKB48を卒業後、
新境地として新たな挑戦になりそうです。

 

ドラマ「あさきゆめみし」はすでに撮影が始まっており、
山中のロケは茨城県で行われているそうです。

まだ目撃情報がないので詳細はわかりませんが、
この暑い夏の中重いかつらや衣装を着ての撮影なので、
どうか体調に気をつけてクランクアップまで頑張ってほしいですね。

Sponsored Link

この記事はいかがでしたか?

最後まで読んでくれてありがとうございます!
もしよければ、ツイッターやフェイスブックのどれかでこの記事を広めていただけるとすごく嬉しいです。
ご協力よろしくお願いします!

関連記事一覧

コメントを残す